メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虐待情報共有ためらう児相も 「相談控え」恐れ警察と温度差 連携強化手探り

児童虐待への対応で合同訓練する児童相談所と警察の職員ら=和歌山市内で2019年11月11日(和歌山県警提供)

 児童虐待の情報共有を巡る毎日新聞の調査では、児童相談所と警察の連携が全国で進む一方、児相側が警察の介入による「相談控え」を懸念するなど、依然として両者に温度差がある実態が浮かび上がった。ただ、幼い命が犠牲になる事件は後を絶たない。全件共有に関わらず、児相と警察が合同訓練を実施するなど、組織の垣根を取り払う取り組みも始まっている。

 「息子を虐待してしまった」。今年6月、大阪市内に住む20代の母親は、自ら児相に電話をした。児相が保…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです