特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪ホストタウン「どうしたらいいのか」 WADAのロシア処分に困惑広がる 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉県長柄町はフェンシング・ロシア代表の事前合宿地の予定。覚書を交わすロシアフェンシング協会のカズベク・カラエフ氏(左)と清田勝利町長=長柄町役場で10月8日、金沢衛撮影
千葉県長柄町はフェンシング・ロシア代表の事前合宿地の予定。覚書を交わすロシアフェンシング協会のカズベク・カラエフ氏(左)と清田勝利町長=長柄町役場で10月8日、金沢衛撮影

 スポーツ界を揺るがすロシアのドーピング問題が、東京五輪・パラリンピックを直撃する事態となった。世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシア選手団の主要大会への出場を4年間禁止する処分を決定。国としての東京大会出場が厳しくなった。各国・地域の選手と全国の自治体が大会を契機に交流する政府の「ホストタウン」事業で、ロシアを相手国として準備する自治体では困惑が広がった。【まとめ・松本晃】

 ロシアのホストタウンに登録しているのは全国で8件(10月末現在)。フェンシング代表の事前合宿地に決まっている千葉県長柄町の担当者は「ロシアから連絡はないが、これまで通り歓迎準備を進めたい。子どもたちでロシアの小旗を作って応援したい」と話した。11日にチーム関係者がキャンプ施設を視察する予定。同町は複数国の五輪代表チームに誘致を働きかけ、10月にロシアフェンシング協会と覚書を締結した。

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1225文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集