メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2年半ぶりの世界戦へ36歳八重樫「順調」 37歳王者に挑戦 ボクシング

23日のIBFフライ級タイトルマッチに向け、練習を公開した八重樫=横浜市の大橋ジムで2019年12月10日午後1時21分、村社拓信撮影

 国際ボクシング連盟(IBF)フライ級タイトルマッチ(23日、横浜アリーナ)に臨む元世界3階級王者で同級14位の八重樫東(大橋)が10日、横浜市内の所属ジムで練習を公開した。練習前に記者会見した八重樫は「けがもなく、順調にきている。思い切ってぶつかっていけると思う」と抱負を語った。

 八重樫にとって、IBFライトフライ級王…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  3. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  4. 東京都内で新たに280人台の感染者 過去最多

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです