特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『私の家』『向田邦子の本棚』ほか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『私の家』青山七恵・著(集英社/税別1750円)

 青山七恵の芥川賞受賞作『ひとり日和』は、若い女性が老女と同居する話だった。新作短編集『私の家』は、恋人と別れ、仕事も辞めた27歳の梓が、祖母の法要をきっかけに、実家へ舞い戻る物語。

 法要を終えても家に居続ける梓。元体育教師で元気な母。梓が無口なのもうなずける。母は言う。「生活をするということは」「埃をためること」。「嵐」ではその母の視点で、「お茶の時間」では大叔母の孤独が描き出される。

 「おばあちゃんの日」では祖母が生きていた頃、まだ子供の梓、教師だった母が浮かび上がる。記憶が語り手となって、同じ家で暮らした人々の顔と顔が、別々の光から照射されるのだ。梓の両親に秘め事があるらしいことも分かるが、風のように過ぎていく。

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1767文字)

あわせて読みたい

注目の特集