メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『13坪の本屋の奇跡』木村元彦・著

◆『13坪の本屋の奇跡 「闘い、そしてつながる」隆祥館書店の70年』木村元彦・著(ころから/税別1700円)

 大阪・谷六(たにろく)にある、わずか13坪の書店・隆祥館(りゅうしょうかん)書店。創業70年を迎えた「町の本屋」だ。地域に根ざした本屋が次々と潰れていく現状を「ネット書店や大型書店の便利さが勝つ」としたり顔で分析することは容易だ。

 だが、店主・二村(ふたむら)知子の訴えを聞けば、その分析の短絡さに気づく。書店の規模によって配本される本が決まり、売りたい本を並べることができない。たとえ日本一の初速で単行本を売ったとしても、文庫化された時の入荷はゼロ。意欲でも実績でもなく、規模で決まる。返品する際の条件も平等ではない。

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  2. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです