メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

不祥事の“気配”を残すな

 芸能人の薬物事件や不祥事で、出演場面のカットや撮り直し、放送見送りが決まると「作品に罪はない」「そのまま放送すべきだ」という反論が上がる。私もこの意見に賛同していたが、最近、考えが変わった。

 NHKの大河ドラマ「いだてん」には、国税局から個人会社の所得隠しなどを指摘されたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実が出演している。1964年の東京五輪の女子バレーボール…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです