メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「干し柿のれん」寒風に揺れ 三鉄・三陸駅 /岩手

三陸鉄道リアス線三陸駅の「干し柿のれん」を見上げる観光客ら=岩手県大船渡市三陸町で

 初冬の風物詩「干し柿のれん」が、大船渡市三陸町の三陸鉄道リアス線三陸駅で寒風に揺れている。「ころ柿のすだれ」とも呼ばれ、列車からホームに降り立った観光客らは「風情があるね」と見上げていた。

 地域の女性らが渋柿約4000個の皮をむき、数珠つなぎにして、11月中旬に越喜来(おきらい)こども園の園児たち…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです