メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ~ぐ

東京彩人記 和洋混在、歩きたい景観 原宿表参道欅会理事長・松井誠一さん(68) /東京

LEDで装飾された表参道のケヤキ並木=渋谷区で

 この冬も原宿・表参道(渋谷区)のケヤキ並木はイルミネーションに彩られている。主催する地元の商店街振興組合「原宿表参道欅(けやき)会」理事長の松井誠一さん(68)は、インバウンド(訪日外国人)も引き付ける表参道の魅力を「西洋と日本が混在しているところ」と語る。【竹内良和】

 ――表参道は流行の先進地ですが、その成り立ちを知る人は少ないようです。

 大正9(1920)年の明治神宮の建立に合わせ造られました。戦後、地元造園業者が空襲で焼けたケヤキ並木を自費で植え直してくれたお陰で、今も表参道は多くの人に愛されている。

この記事は有料記事です。

残り1360文字(全文1617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです