メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

空手の形 相手を想像「攻守一体」 決まった構成、自分との闘い /岐阜

空手の形「第一指定形」を体験する記者(左)と指導する田中美佐稀さん=岐阜県大垣市の西濃運輸福寿会館で

 2020年の東京五輪・パラリンピックで新種目として採用された「空手」。空手というと1対1で対戦する競技だと思っている人も多いかもしれない。しかし、決まった構成の演武(えんぶ)の出来栄えを競う「形(かた)」という種目がある。西濃運輸(大垣市)空手道部に、形のナショナルチーム選手がいることを聞きつけ、体験してみたいと道場の門をたたいた。【渡辺隆文】

 指導してくれたのは、空手を始めて20年以上で3段の田中美佐稀さん(25)。山梨学院大4年時に全日本…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  5. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです