メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

空手の形 相手を想像「攻守一体」 決まった構成、自分との闘い /岐阜

空手の形「第一指定形」を体験する記者(左)と指導する田中美佐稀さん=岐阜県大垣市の西濃運輸福寿会館で

 2020年の東京五輪・パラリンピックで新種目として採用された「空手」。空手というと1対1で対戦する競技だと思っている人も多いかもしれない。しかし、決まった構成の演武(えんぶ)の出来栄えを競う「形(かた)」という種目がある。西濃運輸(大垣市)空手道部に、形のナショナルチーム選手がいることを聞きつけ、体験してみたいと道場の門をたたいた。【渡辺隆文】

 指導してくれたのは、空手を始めて20年以上で3段の田中美佐稀さん(25)。山梨学院大4年時に全日本学生選手権女子個人形で優勝。世界大学選手権大会女子個人形でも優勝した世界でもトップクラスの実力の持ち主だ。

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです