連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

ジェンダーって何? /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「ジェンダーに配慮したカリキュラムの実践」について講演する奥野佐矢子・神戸女学院大学准教授=近江八幡市鷹飼町の県立男女共同参画センターで、蓮見新也撮影
「ジェンダーに配慮したカリキュラムの実践」について講演する奥野佐矢子・神戸女学院大学准教授=近江八幡市鷹飼町の県立男女共同参画センターで、蓮見新也撮影

社会的・文化的に作られる性別 個人尊重し、多様な生き方認めよう

 なるほドリ 県立男女共同参画センター(近江八幡市)で先月、「教職員さんかく講座 ジェンダーに配慮したカリキュラムの実践」があったんだってね。ジェンダーって、よく聞くけど、どういう意味なの?

 記者 国は、「男女共同参画社会」の実現のため、1999年に男女共同参画社会基本法を制定し、2000年から5年ごとに基本計画を作っています。ジェンダーは世界的に使われている言葉で、性別の男女の違いではなく、社会によって作り上げられた「男性像」と「女性像」の別、「社会的・文化的性別」のことです。この言葉自体は性差別、家庭での性別による家事など固定的役割分担の強制、偏見を意味していません。男女共同参画とは、この社会的性別による「男らしさ」「女らしさ」に2分するのではなく、個人を尊重して多様な生き方を認めようということです。

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1525文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集