メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP25・脱炭素社会へ

日本、石炭火力頼み 「基幹電源」見直せず

COP25会場前で横断幕などを掲げて日本政府に石炭火力発電廃止を求めるNGOメンバーら=スペイン・マドリードで5日、鈴木理之撮影

 スペイン・マドリードで開催中の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は、10日から閣僚級会合が始まった。11日に日本政府代表として演説する小泉進次郎環境相は、温室効果ガス削減につながる技術力などをアピールするものの、環境NGOなどから批判を浴びている石炭火力発電の利用継続方針の見直しについては言及しないとみられる。依然として石炭火力を「ベースロード(基幹)電源」と位置づける日本は、世界的な温暖化対策強化の潮流から取り残されつつある。

 「安倍さん、石炭やめろ!」。COP25開幕から4日目の5日、日本やフィリピン、インドネシアなど石炭の利用を続ける国の環境NGOメンバーら約20人が会場前の路上で抗議の声を上げた。安倍晋三首相のマスクをかぶりCOAL(石炭)と書かれたバケツを掲げるなど、主要な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の排出量が多い石炭火力発電をやめようとしない日本を皮肉る場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り2370文字(全文2781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです