メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

看過できぬ奈良県政治意識調査 危険な「監視社会」の影=加藤佑輔(奈良支局)

自宅に届いた調査票を手にする奈良県生駒市の自営業男性。「自治体による思想調査だ」と批判する=同市内で2019年11月14日、加藤佑輔撮影

 奈良県が今秋、県内の有権者2000人を対象に実施した「政治意識調査」で、政治思想・信条に深く関わる質問を多数出して批判が起きている。県は「結果は個人が特定されない形で統計処理するので問題ない」と主張している。しかしこれを黙認すれば権力者が市民を監視する危険な社会につながりかねない。県は回収したデータを破棄し、調査が妥当だったかを検証すべきだ。

 「個人情報と家族にも明かさないような投票行動がひも付けられてしまうと考えると恐ろしかった」。実際に調査票が自宅に届いた同県生駒市の自営業の男性(47)は、そう口にした。

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1995文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです