メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

メディア博物館の閉館 北米総局・古本陽荘

2019年12月末に閉館する報道の博物館「ニュージアム」=2019年12月5日午後1時56分、古本陽荘撮影

 米議会議事堂からホワイトハウス方向に延びるペンシルベニア通り。議事堂の高台を下ると右側にガラス張りの建物が見える。「言論または出版の自由を縮減する法律を制定してはならない」。巨大なベージュ色の外壁に合衆国憲法修正第1条が記されている。

 博物館「ニュージアム」だ。米国の人種差別撤廃にメディアがどう関わったか、記者は戦場でどのように取材したか――。さまざまな切り口で「報道」の歴史や役割を紹介している。ニュージアムがこの地に開館して11…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです