メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

12日、英総選挙 労働党、方針示さず 与党、離脱支持追い風

選挙戦で演説するジョンソン首相=イングランド北東部サンダーランドで9日、ロイター

 ブレグジット=英国の欧州連合(EU)からの離脱=の行方を左右する英下院(定数650)総選挙の投開票日が12日に迫った。焦点は、来年1月末の離脱を目指す与党・保守党が安定多数を確保できるかどうか。世論調査では保守党が優位だが、最大野党・労働党も終盤に追い上げを図り、予断を許さない情勢だ。【ロンドン服部正法】

 「このきちんとした協定で(離脱期限の)1月31日に離脱し、金や国境の管理を取り戻すことができる。今こそ離脱し、前に進む時だ」。保守党を率いるジョンソン首相は9日、イングランド北東部サンダーランドで運送会社の労働者らにこう訴えた。選挙戦ラストスパートとして、ジョンソン氏が乗り込んだイングランド北部は、同中部と並ぶ労働党の古くからの「牙城」。かつて石炭採掘や製造業が盛んで英国の工業化と繁栄を支えた地…

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2334文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです