メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん大国白書

患者100万人時代に備える 乳がん/下 再建、人工か自家組織か

 乳がん治療で気になるのが、全摘後の乳房の再建だ。手術でシリコーンを入れて胸の膨らみを取り戻せるようになり、近年は公的医療保険も使えるようになった。シリーズ「がん大国白書―患者100万人時代に備える―」の乳がん編最終回は、進歩著しい乳房再建に焦点を当てる。

 全摘した左乳房を1年かけて人工乳房で再建した横浜市の女性(39)は「乳がんを忘れるほどきれいな胸になった」と満足げだ。乳頭と乳輪は右胸から移植。切除前の胸と全く同じ形ではないが「前よりよくなったくらい」と笑う。

 人工乳房での再建は、2014年の約4200件から18年には約6500件と1・5倍に。ただ、ブレストサージャリークリニックの岩平佳子院長は「人工乳房と自家組織それぞれ一長一短」と話す。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1170文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです