メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園へのワンチーム

全国高校ラグビー/1 大分東明(大分) 留学生と「化学反応」 「楽しく真面目に」初切符

チームメートと練習に汗を流す留学生のセコナイヤ・ブル選手(中央)=大分市で、森園道子撮影

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は27日、今秋のワールドカップ(W杯)会場の一つだった東大阪市花園ラグビー場で開幕する。W杯では日本が初の8強入りを果たし、ニュージーランド生まれのリーチ・マイケル主将(31)ら他国出身の選手たちも一丸となった姿が人々の心を動かした。高校ラグビー界でも多様化は進む。今年の「流行語大賞」にも選ばれた日本代表のスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」をテーマに、外国人留学生を軸とした花園の「現在」「過去」「未来」を追う。【長宗拓弥】

 花園に33大会連続出場中だった大分舞鶴を決勝で破り、創部41年目で初出場を果たした大分東明。昨春にフィジーからやって来た留学生2人が起こした「化学反応」が、その原動力となった。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです