メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露不在、メダル争い変化か 4年間出場禁止 個人資格参加、厳しい戦いに

 世界反ドーピング機関(WADA)がロシア選手団を主要国際大会から4年間除外するなどの処分を決めたことで、来夏の東京五輪でのメダル争いの構図が変化する可能性がある。「潔白」を証明したロシア選手には個人資格で参加できる道は残されたものの、陸上など競技によっては厳しい対応を迫られそうだ。(3面に「クローズアップ」)

 ロシアは伝統的にアーティスティックスイミングや新体操などの採点競技、レスリングやボクシングなどの格闘技に強く、五輪でメダルを量産してきた。スポーツ大国であるロシアは、旧ソ連時代の1952年ヘルシンキ大会で五輪初出場を果たし、その後はボイコットした84年ロサンゼルス五輪を除いて国・地域別のメダル総数(大会終了時)で上位3位に入っている。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  5. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです