メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

定例記者会見で、桜を見る会についての質問に答える山口県下関市の前田晋太郎市長=山口県下関市で2019年11月18日午後0時26分、近藤綾加撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、安倍晋三首相の地元・山口県下関市は11日、記者会見で首相を擁護した前田晋太郎市長の発言に対し、全国から270件を超す批判の声が寄せられたと明らかにした。前田市長はこの日の市議会一般質問で追及を受けたが「間違ったことは言っていない」「謝罪する気持ちはありません」と強気を崩さなかった。

 前田市長は安倍首相の元秘書。11月18日の定例記者会見で桜を見る会について「何十年も応援した代議士がトップ(首相)を取って、招待状が届いて、応援してきてよかったなって、いいじゃないですか」などと後援者の招待について持論を展開していた。

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです