メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グレタさん「政府に希望はないが、私たちは変化を起こせる」 COP25で演説

 スペイン・マドリードで開催中の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で11日、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)が、地球温暖化による危機をテーマにしたイベントのパネリストとして参加。「最大の脅威は、何も行動を起こさないことではない。政府や企業に希望はないが、私たちは今変化を起こすことができます」と演説し、地球温暖化対策の強化に取り組むよう訴えた。

 グレタさんは冒頭、「これまでのスピーチでは注目を得るために感情的な言い方をしてきたが、皆がその言葉ばかり注目し真実を忘れてしまう」と話し、具体的なデータを示しながら、普段よりも冷静な口調で語った。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです