メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

山形県西川町弓張平で目撃されたイノシシ=県立自然博物園提供

 山形県は10日、2018年度のイノシシによる農作物被害額が前年度比約43%増の約7300万円と過去最悪だったと発表した。野生鳥獣全体の被害額はここ数年間減少傾向にあり、同約11%減の約5億1000万円だったが、イノシシ被害が突出している。【後藤逸郎】

 農林水産省の被害状況調査をもとに県がまとめた。イノシシによる被害額は10年前の約35倍で、内訳は水稲の食害や踏み荒らしが約3700万円、果樹の園地掘り起こしや樹…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです