メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笹子トンネル事故 遺族が現場で追悼「娘感じた」 

天井板崩落事故のあったトンネル内の現場で献花する遺族たち=山梨県大月市で2019年12月11日午前1時29分、藤井達也撮影

 2012年に9人が死亡した中央自動車道笹子(ささご)トンネル(山梨県大月市)の天井板崩落事故の遺族11人が11日未明、事故現場で花を手向け、手を合わせた。犠牲者が見つかった道路上で遺族が追悼を行うのは13年2月以来。

 中日本高速道路がトンネル内の換気設備を更新するため現場付近を通行止めにしたのに合わせて実現した。遺族らがトンネル内に入ると、天井板の下敷きになった車両3台が見つかっ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 特集ワイド コロナショック 大谷義夫医師「最強の体調管理」 朝食欠かさず昼寝、散歩を よく笑って免疫力アップ

  3. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  4. 緊急事態宣言「効果確認に1カ月必要」「何としても終結に」 菅官房長官会見詳報

  5. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです