メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

兵庫県明石市沖の瀬戸内海でイカナゴなどを捕獲するために網を引く漁船=同市で、春増翔太撮影

 兵庫県は県南部が面する瀬戸内海の「貧栄養化」を食い止める一環として、下水処理場の排水の窒素濃度について県独自に厳しくしていた規制を撤廃し、国の基準に合わせる。開会中の12月議会に改正条例案を提出した。県沿岸の瀬戸内海ではここ約20年の間に漁獲量が減少。漁業者らは「海の栄養分が減少する貧栄養化が原因」と主張していた。かつては「富栄養化」が原因で起きる赤潮に悩まされた瀬戸内海。環境保全に逆行するようにも見える全国初の取り組みは成功するのか。【春増翔太】

この記事は有料記事です。

残り1733文字(全文1960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 野党4党、会期延長動議提出へ 菅政権「逃げ切り」批判 自民は「しない」明言

  3. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

  4. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  5. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです