メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親が精神疾患…子どもに支援を 福岡では当事者交流会「自分だけでない」

母親に精神疾患があった女性は「交流の場で自分が一人ではないと体感できた。気軽に来てもらえたら」と話した=福岡市博多区で、青木絵美撮影

 うつ病や不安障害などの精神疾患の患者は年々増加し、420万人に迫っている。精神疾患で育児が困難な親を前に自分を責め、悩みを打ち明けられずに苦しみ続けている子どもたちがいる。そんな境遇の子どもたちを支える取り組みが各地に広がり始めている。福岡市では14日、当事者である子どもが主体となった交流会が予定されている。

 福岡市の病院職員の女性(31)は、小学3年の時に母親が精神疾患を抱えた。過食になり、ヒステリーを起…

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです