メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

 ベテラン漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川花子さん(65)が11日、大阪市内で記者会見し、多発性骨髄腫を患い、治療中であることを公表した。今年6月中旬から、体調を崩して休業していた。車椅子に乗って会見に臨んだ花子さんは「舞台への復帰、退院のめどは立っていないが、回復のめどは立った」と話した。

 会見には、夫で相方の宮川大助さん(70)と主治医の天野逸人・奈良県立医大講師が同席した。天野氏によると、花子さんは2018年3月に整形外科を受診し、骨のがんが判明。車椅子で仕事を続けていたが、容体が悪化し、今年6月下旬から同医大付属病院に入院して化学療法による治療を行ってきた。失われていた…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです