メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

 ベテラン漫才コンビ「宮川大助・花子」の宮川花子さん(65)が11日、大阪市内で記者会見し、多発性骨髄腫を患い、治療中であることを公表した。今年6月中旬から、体調を崩して休業していた。車椅子に乗って会見に臨んだ花子さんは「舞台への復帰、退院のめどは立っていないが、回復のめどは立った」と話した。

 会見には、夫で相方の宮川大助さん(70)と主治医の天野逸人・奈良県立医大講師が同席した。天野氏によると、花子さんは2018年3月に整形外科を受診し、骨のがんが判明。車椅子で仕事を続けていたが、容体が悪化し、今年6月下旬から同医大付属病院に入院して化学療法による治療を行ってきた。失われていた…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです