メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村哲さん合同葬「尊い犠牲、前を向いて進めと後押し」 多くの市民参列

 アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバード近郊で殺害された福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表、中村哲さん(73)の告別式が11日、福岡市中央区の葬儀場で営まれた。中村さんの家族とペシャワール会による合同葬で、喪主は長男健さん(36)。多数の関係者らが参列し、故人の志を引き継ぐことを誓った。献花では、中村さんが好きだったモーツァルトが流され、会場周辺には多くの市民が集まった。

 アフガニスタンで撮影された、穏やかな表情をたたえた中村さんの遺影が飾られた。葬儀委員長のペシャワール会の村上優会長(70)は「先生の尊い犠牲は、私たちに前を向いて進めと力を込めて後押しをしています。ペシャワール会は事業継続に全力を挙げ、会員や支援者の皆様とともにアフガニスタン、そして平和を望む世界の人々と事業の支援を続けます」と追悼の辞を読み上げた。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです