メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村哲さん合同葬「尊い犠牲、前を向いて進めと後押し」 多くの市民参列

 アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバード近郊で殺害された福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表、中村哲さん(73)の告別式が11日、福岡市中央区の葬儀場で営まれた。中村さんの家族とペシャワール会による合同葬で、喪主は長男健さん(36)。多数の関係者らが参列し、故人の志を引き継ぐことを誓った。献花では、中村さんが好きだったモーツァルトが流され、会場周辺には多くの市民が集まった。

 アフガニスタンで撮影された、穏やかな表情をたたえた中村さんの遺影が飾られた。葬儀委員長のペシャワール会の村上優会長(70)は「先生の尊い犠牲は、私たちに前を向いて進めと力を込めて後押しをしています。ペシャワール会は事業継続に全力を挙げ、会員や支援者の皆様とともにアフガニスタン、そして平和を望む世界の人々と事業の支援を続けます」と追悼の辞を読み上げた。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです