メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「伊達直人と仲間たち」名乗り出る 図書カード贈って9年 磐田の幼稚園長ら

「伊達直人と仲間たち」を名乗り出た磐田市の座光寺明さん(左から2人目)とタイガーマスク運動の先駆けの河村正剛さん(左)=同市役所で2019年12月10日、福沢光一撮影

 静岡県磐田市に2011年から毎年、漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人と仲間たち」と名乗って図書カードを贈り続けた男性が10日、市役所で渡部修市長と面会し、名前や顔を公表した。男性は同市前野の龍の子幼稚園長、座光寺明さん(61)。座光寺さんは「1冊の本ならたくさんの人に読んでもらえる」と図書カードを選んだ理由を語った。

 座光寺さんは11年1月に伊達直人名で同市に5万円分の図書カードを初めて贈り、2回目から職場の「仲間たち」が加わった。今年11月に贈った12万円分の図書カードが通算10回目の寄付となり、金額は計102万円となった。今回の手紙には寄付を一旦休止することが記されていた。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです