メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

草津市役所=2004年1月31日撮影

 滋賀県草津市の市学校給食センターは11日、市内14小学校(8813食)の同日昼の給食で提供予定だったメインの献立「さんまのおろしがけ」の材料となるサンマに不良品が多く、メインを抜きに給食を提供したと発表した。同センターは10日も、材料の不備で米飯の提供を中止するなど、2日連続でメニューの変更を余儀なくされている。

 同センターによると、サンマは冷凍の切り身状態で10日に業者から納品された。検品すると、約8割が解けたものを再び凍らせたり黄色く変色したりしていた。業者に交換を要請したが「できない」と連絡があり、11日はメインを取りやめ、ごはん▽牛乳▽ほうれん草と白菜のごまあえ▽かきたま汁――のメニューに変更した。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです