特集

気候変動

気候変動対策強化へ世界が動き始めました。日本も新たな目標を設定。地球を守るために何が必要でしょうか。

特集一覧

小泉環境相、石炭利用「世界的な批判を認識」 COP25閣僚級会合で演説 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
COP25の閣僚級会合の演説で、日本の地球温暖化対策について説明する小泉進次郎環境相=マドリードで2019年12月11日、鈴木理之撮影
COP25の閣僚級会合の演説で、日本の地球温暖化対策について説明する小泉進次郎環境相=マドリードで2019年12月11日、鈴木理之撮影

 11日、国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の閣僚級会合で演説した小泉進次郎環境相は、石炭利用を進める日本政府の政策について「世界的な批判を認識している」とした上で「脱炭素化に向けて具体的な行動を取り、結果を出している」と強調した。だが、石炭火力発電所の輸出制限など、利用を見直す具体的な方策については触れなかった。

 国連のグテレス事務総長は2日の開会式で、世界で進む石炭火力の建設を「石炭中毒」と批判し、2020年以降の新規建設中止を呼びかけていた。小泉氏はこのことに触れ「日本へのメッセージとして受け止めた」とした上で、「COP25までには石炭施策について新たな展開に至らなかったが、日本は脱炭素化を必ず実現する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文516文字)

【気候変動】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集