メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小泉環境相、石炭利用「世界的な批判を認識」 COP25閣僚級会合で演説 

COP25の閣僚級会合の演説で、日本の地球温暖化対策について説明する小泉進次郎環境相=マドリードで2019年12月11日、鈴木理之撮影

 11日、国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の閣僚級会合で演説した小泉進次郎環境相は、石炭利用を進める日本政府の政策について「世界的な批判を認識している」とした上で「脱炭素化に向けて具体的な行動を取り、結果を出している」と強調した。だが、石炭火力発電所の輸出制限など、利用を見直す具体的な方策については触れなかった。

 国連のグテレス事務総長は2日の開会式で、世界で進む石炭火力の建設を「石炭中毒」と批判し、2020年以降の新規建設中止を呼びかけていた。小泉氏はこのことに触れ「日本へのメッセージとして受け止めた」とした上で、「COP25までには石炭施策について新たな展開に至らなかったが、日本は脱炭素化を必ず実現する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 栃木・那須塩原の東北道下り6台絡む事故 1人重体1人重傷

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです