メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小泉環境相、石炭利用「世界的な批判を認識」 COP25閣僚級会合で演説 

COP25の閣僚級会合の演説で、日本の地球温暖化対策について説明する小泉進次郎環境相=マドリードで2019年12月11日、鈴木理之撮影

 11日、国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の閣僚級会合で演説した小泉進次郎環境相は、石炭利用を進める日本政府の政策について「世界的な批判を認識している」とした上で「脱炭素化に向けて具体的な行動を取り、結果を出している」と強調した。だが、石炭火力発電所の輸出制限など、利用を見直す具体的な方策については触れなかった。

 国連のグテレス事務総長は2日の開会式で、世界で進む石炭火力の建設を「石炭中毒」と批判し、2020年以降の新規建設中止を呼びかけていた。小泉氏はこのことに触れ「日本へのメッセージとして受け止めた」とした上で、「COP25までには石炭施策について新たな展開に至らなかったが、日本は脱炭素化を必ず実現する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 菅首相「ほぼゼロ回答」 桜を見る会で責任回避答弁に終始 衆参予算委集中審議

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです