メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸の高1転落「計16時間の別室指導、一種のハラスメント」 調査委が報告書

神戸市立六甲アイランド高校の男子生徒の飛び降り問題で、長田淳教育長(左)に調査報告書を提出する折出健二委員長(中央)=神戸市中央区で2019年12月11日午前10時43分、反橋希美撮影

 神戸市東灘区の市立六甲アイランド高校で2017年12月、1年だった男子生徒(18)が教諭から指導を受けた後に校舎から飛び降り、重傷を負った問題で、市教委の調査委員会(委員長=折出健二・愛知教育大名誉教授)は11日、調査報告書をまとめた。男子生徒は直前に計16時間に及ぶ指導を受け、その際、教諭が退学処分をほのめかす不適切な言動をしたことが要因だと認定した。市教委は関係者の処分を検討し、生徒指導のあり方についてガイドラインを策定する方針。

 調査報告書によると、男子生徒は同級生に悪口を言ういじめや、ツイッターでのトラブルを理由に、17年12月21、22日に計16時間、カウンセリングルームに隔離され、指導を受けた。生徒指導担当の男性教諭ら3人から弁明の機会を与えられないまま、いじめを認めるよう何度も迫られ、反省文を書かされた。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文898文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです