メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー日本代表、東京・丸の内をパレード リーチ主将「日本中がワンチームに」

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で初めて8強入りした日本代表が11日、東京都千代田区の丸の内仲通りで、大会中の応援への感謝の気持ちを伝えるパレードを行った。コースは有楽町駅前から東京駅前までの約800メートル。FWリーチ・マイケル主将(31)=東芝=らW杯日本代表のメンバーが参加して練り歩き、ファンの歓声に応えた。

 パレード直前には沿道に詰めかけたファンに対し、リーチ主将が代表であいさつし、「W杯での応援、ありがとうございました。日本代表は初のベスト8に進出しましたが、テレビの前、スタジアム、街で『ブレイブ(勇気)』を送ってくれたファンの皆さんのおかげです」と感謝の気持ちを伝えた。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです