メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝 五輪マラソン代表・服部勇馬らエントリー

トヨタ自動車の服部勇馬=愛知県田原市で2019年11月8日、兵藤公治撮影

 来年元日に群馬県で開催される「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)に出場する全37チームのエントリー選手が11日、発表された。東京五輪マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)ら有力選手が順当に名を連ねた。

 各チームは最大12人の選手をエントリー。4連覇を目指す旭化成は主力の村山謙太や双子の市田孝、宏の兄弟らが入った。男子マラソンで日本歴代2位の設楽悠太(Honda)、同5位の井上大仁(ひろと)=MHPS=も登録された。

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです