メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群衆の異常を即座に検知 オリパラ事故防止、映像解析システム導入へ

群衆行動解析技術で可能な検知

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、混雑が予想される一部競技会場の周辺に、NECが世界に先駆けて開発した「群衆行動検知・解析」システムを導入する方針を固めた。今後、関係機関との調整に入る。群衆の密度や流れをリアルタイムでとらえる技術で、雑踏事故など異常事態の自動検知により、初動対応の迅速化が見込まれる。

 組織委は、1都1道8県にまたがる計43の競技会場内の警備を補完するため、会場に出入りする選手やスタッフなどを対象にした顔認証システム(NEC)を五輪史上初めて導入し、約8000台の高度な監視カメラ(映像監視システム)の使用も決めている。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです