メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花谷寿人の体温計

桜が映す障害者雇用

 国の障害者雇用水増し問題が発覚したのは、昨年夏だった。雇用の先導役の行政が長年、実態をごまかしていた。

 その後、各省庁は法定雇用率の達成に躍起だが、この夏の公表データでも下回った。採用されても非正規雇用の人もおり、「将来が見えない」との声も聞かれる。

 国は本当に、障害者を働く仲間として見ているのか。疑いたくなることが、またしてもあった。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです