特集

ともに・2020

東京五輪・パラリンピックを控え、毎日新聞社はバリアーゼロ社会実現を目指し「ともに2020」キャンペーンを展開しています。

特集一覧

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

コーヒーチェーン・タリーズ、40人が活躍 バリスタ・接客、障害ある店員も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
タリーズコーヒーで働く知的障害のある女性店員。胸にはヘルプマークのバッジをつけている=東京都内で、北山夏帆撮影
タリーズコーヒーで働く知的障害のある女性店員。胸にはヘルプマークのバッジをつけている=東京都内で、北山夏帆撮影

 障害の有無に関係なく同じ職場で働けるように企業が工夫しながら取り組む動きが広がっている。全国で約700のコーヒー店を展開する「タリーズコーヒージャパン」(東京都)では、約40人の障害者が店員として働く。その多くが知的障害者。本社や店舗の責任者らが本人の意見を聞きながら支援体制を整えている。【山田奈緒】

この記事は有料記事です。

残り1564文字(全文1716文字)

あわせて読みたい

注目の特集