メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「90歳」のラッセル車 弘南線、今冬も出動へ試運転 /青森

出動に向け、試運転を行う弘南線のラッセル車=青森県黒石市の黒石駅構内で

 本格的な雪のシーズンを前に、弘南鉄道(本社・平川市)は11日、弘南線(弘前―黒石)のラッセル車の試運転を行った。製造から90年を迎えたが、今冬も「現役」として出動準備を整え、列車の安全運行を手助けする。

 弘南線のラッセル車は、旧国鉄時代の1929年に製造され、68年から同社で運用。弘南鉄道の「冬の顔」として、老朽化した部品を作り直すなどしながら整備・点検を続けてきた。

 この日は、黒石駅構内で担当社員の習熟訓練も兼ねて行われ、運転士ら16人がレール上の雪をかく「フランジャー」や雪を線路脇に押し出す「ウイング」などの動きを確認。その後、ラッセル車はさらに古い23年製造の機関車に押され、午前と午後の2回、弘前駅まで試験走行した。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです