メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷河期世代が提言 内閣官房に要請「実効性ある支援を」 /東京

就職氷河期世代に実効ある支援を求め要請行動を行った氷河期世代の人たち=東京都千代田区霞が関の厚生労働省で2019年12月10日、、東海林智撮影

 バブル経済崩壊後の雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った「就職氷河期世代」の人々が10日、同世代への支援を担当する内閣官房の「就職氷河期世代支援推進室」に、提言を含む要請書を提出した。要請に参加した人々は記者会見し、「氷河期世代の正社員化や所得の向上に実効性のある支援を実施してほしい」などと訴えた。

 要請したのは、氷河期世代の有志で、37歳から44歳で、介護士や社労士、映画監督などで、無職の人もいた。この同世代には、正社員などの安定した仕事に就けず、日雇い派遣や短期雇用など非正規労働で働いてきた人が多い。政府が氷河期世代への支援策を打ち出したのをきっかけに、同じ世代の声を集めて政府に届けようと支援に関するイベントを開催し、その声を要請内容に反映させた。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  5. 夜通しパーティーやカラオケ…看護師3人感染 患者2人も 奈良、拡大恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです