メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米の味わい国際コンテスト 「大粒・もちもち」金賞 西予の農家、「ひめの凜」育成工夫 /愛媛

受賞を喜ぶ梶原雅嗣さん(右から2人目)ら=西予市宇和町卯之町3の西予市役所で、遠藤龍撮影

 国内外の米の味わいを競う国際大会「第21回米・食味分析鑑定コンクール」で、西予市の若手米農家4人でつくる農業会社「田力本願」の梶原雅嗣さん(39)が最高賞となる国際総合部門金賞を受賞した。受賞品種は県のオリジナルブランド米「ひめの凜」で、西予市によると愛媛からの出場で同賞は初めて。【遠藤龍】

 大会は、米の食味にこだわり、「地方・農業・稲作の復興」を後押ししようと米・食味鑑定士協会などが主催。11月30日、12月1日に千葉県木更津市で行われ、国内外から5137点が出品された。機械による1次、2次審査を通過した上位42…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. オーストラリア・モリソン首相 11月にも訪日 中国けん制と地元紙報道

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです