メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

検証・セキュリティー/1(その1) 群衆異常、瞬時に検知 世界初の技術導入 東京五輪会場周辺、危機に対応

群衆行動解析技術で可能な検知

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、混雑が予想される一部競技会場の周辺に、NECが世界に先駆けて開発した「群衆行動検知・解析」システムを導入する方針を固めた。今後、関係機関との調整に入る。群衆の密度や流れをリアルタイムでとらえる技術で、雑踏事故など異常事態の自動検知により、初動対応の迅速化が見込まれる。

 組織委は、1都1道8県にまたがる計43の競技会場内の警備を補完するため、会場に出入りする選手やスタ…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです