メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

中国を見る世界の目=坂東賢治

 <moku-go>

 「日本は米国の信頼できる友邦か」。今年の外務省の調査では82%の米国民が「信頼できる」と答えているが、日本がバブル景気に沸き、日米貿易摩擦が続いていた頃の世論はもっと厳しかった。

 1990年には「信頼できる」が44%、「できない」が40%で拮抗(きっこう)していた。日本の経済力や技術力の急激な上昇を脅威と感じる米国民が少なくなかったのだ。

 30年がたち、脅威の対象は完全に中国に移った。米国の「ピュー・リサーチ・センター」が5日に公表した…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです