メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

五輪へのサイバー攻撃って? サーバー停止や偽券 ハッカー、マフィア暗躍=回答・大治朋子

サイバー攻撃への対処訓練=東京都港区で2019年11月、金森崇之撮影

 なるほドリ 来年の東京五輪、無事に開催(かいさい)されるといいね。

 記者 そうですね。テロや事故が心配ですが、サイバー攻撃(こうげき)を受ける可能性もあります。

 Q 五輪を狙(ねら)うサイバー攻撃って?

 A 2012年のロンドン五輪は、2億回以上、データを大会サイトに送りつけてサーバーの動きを鈍(にぶ)らせ、その機能停止を狙う「DDoS(ディードス)攻撃」を受けました。16年のブラジル・リオデジャネイロ五輪では、偽(にせ)チケットの販売(はんばい)サイト設置など、金銭目的の犯罪が多発しました。18年の韓国(かんこく)・平昌(ピョンチャン)冬季五輪は、サイバー攻撃で大会システム…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 北海道知事が緊急事態宣言 「この週末は外出控えて」 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです