メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

気象災害が促す政策の大変革=加藤三郎 NPO法人・環境文明21顧問

環境文明21顧問の加藤三郎さん=内藤絵美撮影

 今年は9月から10月までの2カ月足らずの間に、台風15号、19号、21号が立て続けに日本列島を襲い、関東甲信越から東北地方を中心に猛烈な気象被害をもたらした。近年、こうした気象災害が毎年のように発生し、昨年7月の西日本豪雨など、多数の人命が奪われている。家屋や農地を押し流し、浸水で工場や事業場が使えなくなり、被災者を今も苦しめている。加えて、道路、鉄道、橋りょうなどの公共インフラにも被害が及び、観光客も立ち往生して、国民、企業、自治体、国に甚大な経済的、財政的損失をもたらしている。

 専門家は、化石燃料の大量消費により地球温暖化が進み、その結果、海水温が上昇し、台風に注ぎ込まれる破…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです