メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

消費増税その後、粘り強く報じて=ブレイディみかこ・ライター

ブレイディみかこ ライター

 11月26日付の毎日新聞朝刊が、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事が、膨張する社会保障費を賄うため、日本に消費税の20%までの引き上げを提言したと伝えた。

 増税したばかりなのに?と思ったら、さすがに不満の声もあがったようだ。同日配信のテレ朝ニュースのサイトでは、「消費税が15%になったら私はもう生きようとは思わなくなる」「IMFの言うこと聞いて、結果、破綻した国がありましたね。ギリシャとアルゼンチンでしたっけ」などのネットの声を伝えていた。

 28日配信の時事通信は「10月の商業動態統計によると、小売業販売額は前年同月比7・1%減」「前回増税時の14年4月は4・3%減で、今回のマイナス幅はこれを上回った」と報じた。消費増税に加えて、台風19号の影響もあったと書かれているが、台風の影響は局地的だ。日本全土に1カ月間とどまったわけではない。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文858文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです