「来年APEC後に辞任」 94歳マハティール首相意向 マレーシア

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに答えるマハティール首相=マレーシアのプトラジャヤで2019年12月10日、ロイター
インタビューに答えるマハティール首相=マレーシアのプトラジャヤで2019年12月10日、ロイター

 マレーシアのマハティール首相(94)が、来年11月に同国でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を開催した後に辞任する意向を明らかにした。10日、ロイター通信のインタビューに答えた。後継者は、就任前から公言していたアンワル元副首相(72)だと改めて明言。マハティール氏は「APEC首脳会議前の交代は混乱を招く」と述べ、来年12月かという質問には「時期が来れば検討しよう」とだけ答えた。

 マハティール氏は2018年5月、選挙で選ばれた指導者としては世界最高齢の92歳で首相に返り咲いた。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文561文字)

あわせて読みたい

ニュース特集