中国EV販売、急減速 11月、前年比43.7%減 補助金削減/発火事故追い打ち

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
上海蔚来汽車(NIO)のショールーム。繁華街にあるが、客足は少なかった=上海市内で2019年11月、赤間清広撮影
上海蔚来汽車(NIO)のショールーム。繁華街にあるが、客足は少なかった=上海市内で2019年11月、赤間清広撮影

 高成長を続けてきた中国の電気自動車(EV)販売に急ブレーキがかかっている。EVを中心にした「新エネルギー車」の販売台数は5カ月連続で前年を割り込んだ。政府の補助金削減に加え、安全性への不安も買い控えにつながっており、業界の淘汰(とうた)に発展しそうだ。【北京・赤間清広】

 上海市中心部。商業ビル1階にある上海蔚来汽車(NIO)のショールームは、客がほとんどおらず閑散としていた。同社は「中国のテスラ」とも呼ばれる中国を代表するEVベンチャーで、2018年にはニューヨーク証券取引所に上場した。だが、主力スポーツタイプ多目的車(SUV)の事故で今年6月にリコールに追い込まれた後は、販売不振に苦しんでいる。販売担当者は「政府の補助金が縮小されているからね」とあきらめ顔で話した。

 景気減速の影響で18年の新車販売が28年ぶりに減少に転じる中、新エネ車は政府の支援もあり前年比61・7%増の125万6000台と好調が続いていた。だが、今年夏に状況が一変。8月以降は前年同月比2ケタの減少が続き、11月は同43・7%減の9万5000台に落ち込んだ。きっかけは今年6月、中国政府が新エネ車の購入補助金を半減したことだ。政府は新エネ車分野で世界をリードする目標を掲げ、1台あたり最大数万…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1246文字)

あわせて読みたい

注目の特集