メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園へのワンチーム

全国高校ラグビー/2 仙台育英HC 「ガイジン」偏見越え 94年度出場、留学生の礎築く

仙台育英の選手たちを指導するニールソン武蓮伝ヘッドコーチ(中央)=宮城県多賀城市で、和田大典撮影

 「悪意はなかったと思うが『ガイジン』という言葉の響きは冷たく、嫌だった」。第74回大会(1994年度)に花園初の外国人留学生として出場した仙台育英(宮城)のニールソン武蓮伝(ぶれんでん)ヘッドコーチ(HC、41歳)は、四半世紀前を振り返る。

 ニュージーランド出身。14歳だった93年1月に来日した。家庭の事情でバーレーンに移住することになったが、強化を図る仙台育英から留学の誘いを受けた。文化が違う異国の「ブカツ」になじもうと、雑用に進んで取り組み、懸命に日本語を覚えて会話をした。努…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです