メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花園へのワンチーム

全国高校ラグビー/2 仙台育英HC 「ガイジン」偏見越え 94年度出場、留学生の礎築く

仙台育英の選手たちを指導するニールソン武蓮伝ヘッドコーチ(中央)=宮城県多賀城市で、和田大典撮影

 「悪意はなかったと思うが『ガイジン』という言葉の響きは冷たく、嫌だった」。第74回大会(1994年度)に花園初の外国人留学生として出場した仙台育英(宮城)のニールソン武蓮伝(ぶれんでん)ヘッドコーチ(HC、41歳)は、四半世紀前を振り返る。

 ニュージーランド出身。14歳だった93年1月に来日した。家庭の事情でバーレーンに移住することになったが、強化を図る仙台育英から留学の誘いを受けた。文化が違う異国の「ブカツ」になじもうと、雑用に進んで取り組み、懸命に日本語を覚えて会話をした。努…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです