メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字の周りで

視覚障害の世界 就労者の集い 仲間が資格取得、成功談共有

働く視覚障害者の集まりであいさつする「HOTPOTの会」代表の赤堀浩敬さん(中央)=大阪市北区で、澤田健撮影

 目が見えない、見えにくい人たちも、さまざまな職場で働いています。就職・就労を支援するのが、職業訓練施設です。

 日本ライトハウス視覚障害リハビリテーションセンター(大阪市鶴見区)では、現在、20代から50代の13人が、画面を音声で読み上げるパソコンの操作や白杖(はくじょう)を使っての一人歩きの訓練などに励んでいます。今年の修了者の中には、公務員や会社員として働き始めた人がいます。

 職業訓練部で指導員を務める中野真輔さん(49)は、愛知県内に就職した修了者の職場に出かけ、働きやすい環境整備の手伝いもしました。中野さんは「(訓練を終えて)働き始め、生活できるようになるのが、スタッフ全員の願いです」と話します。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 東京マラソン 「参加自粛要請」でも返金せず 来年の参加料免除も苦渋の決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです