メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第74回毎日甲子園ボウル

キーマン紹介/上 攻撃 関学大QB・奥野耕世/早大WR・ブレナン翼

 

 アメリカンフットボールの全日本大学選手権決勝「三菱電機杯 第74回毎日甲子園ボウル」(毎日新聞社、日本学生アメリカンフットボール協会主催、三菱電機特別協賛)は15日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる。東日本代表は2年連続6回目の出場の早大(関東)、西日本代表は4年連続53回目の出場の関学大(関西)。早大が初の学生日本一に輝くか、関学大が自身の最多優勝回数を更新する2年連続30回目の優勝を果たすか。37―20だった前回大会以来2年連続3回目の対戦となる両校の攻守のキーマンを紹介する。

 エースQBとして独り立ちした。昨季のQBは異例の3人体制だったが、当時の4年生2人が抜け、今季は責任や重圧が増す中で「そうなるのは分かっていた」と奮闘した。

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

  2. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  3. 新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです