メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川崎市、ヘイトデモに罰則条例成立 50万円以下の罰金 全国初

 公共の場所でヘイトスピーチを繰り返した者に刑事罰を科す川崎市の人権条例が12日、市議会で出席した議員全員が賛成して可決、成立した。ヘイトスピーチに刑事罰を定めた法令は全国で初めて。道路や公園などの公共の場で拡声器や看板、ビラなどを使って外国出身者やその子孫に対するヘイトスピーチを行うことを禁じる内容で、来年7月1日に全面施行する。

 成立したのは「差別のない人権尊重のまちづくり条例」。①居住地域から退去させることを扇動・告知する②生命や名誉、財産などに危害を加えることを扇動・告知する③人以外のものに例えるなど著しく侮辱する――という3点を罰則対象とした。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 海王星に猛毒青酸ガスの帯 赤道付近の上空 東大研究チームなど発見

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 宇宙新時代 スター・ウォーズが現実に? 衛星破壊、ISS無断接近…戦闘領域化する宇宙

  5. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです