メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「『桜』見たくも、聞きたくもない」はずが…菅官房長官「桜媒体、電子データ」と言い間違え

記者会見で「今年の漢字」の話題となり、記者からの「桜という字もあるが」との質問に、「聞きたくないです。見たくもないです」と答えて笑う菅義偉官房長官=首相官邸で2019年12月12日午後4時19分、川田雅浩撮影

 桜はもう見たくない――。菅義偉官房長官が12日の記者会見で、「今年の漢字」にちなんだ質疑の中で、「桜」という漢字への思いを問われ、「聞きたくないです。見たくもないです」と冗談交じりに答える一幕があった。首相主催の「桜を見る会」を巡り、11月以降、定例記者会見で連日厳しい追及を受けているだけに、思わず本音を漏らしたようだ。

 菅氏は、今年の漢字に「令」が選ばれたことについて「私自身、歴史的な巡り合わせで元号発表に携わることができた。『令』か『和』じゃないかと思っていたんです。なるほどなと思います」と感想を述べた。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです