メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

量子コンピューター実用化、CO2リサイクル…野心的研究8目標に5年1000億円

内閣府が入る合同庁舎=東京都千代田区霞が関で、竹内紀臣撮影

 社会課題を解決できる技術革新を生み出すために政府が今後5年間で約1000億円を投資する新たな研究開発制度「ムーンショット」で、内閣府は12日、研究の目標をまとめた報告書を公表した。目標は、量子コンピューターの実用化や、地球温暖化につながる二酸化炭素(CO2)のリサイクルなど野心的な内容の8項目。2040~50年までの実現を目指す。

 ロボットや立体映像を用いて人間が身体・空間的な障害を超えて活動できる社会や、資源循環の実現など、高齢化社会と環境問題を念頭に置いた目標が多くを占めた。量子コンピューターは、産業やセキュリティー分野に革命をもたらすレベルを目指す。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです